【育毛剤のおすすめ】ランキングの人気/実感できる効果とは?

育毛剤のおすすめ/選び方3つのポイント

育毛剤のおすすめは、

  • 育毛効果が期待できる有効成分
  • 健康的な髪を育てる頭皮環境を整える成分
  • 続けられる価格・コスパの良い価格

の3つが選ぶポイントになります。

育毛剤の選び方1:育毛効果が期待できる成分配合

育毛剤の育毛が期待できる有効成分は、

  • 毛母細胞を活性化する成分
  • 血行促進成分
  • 抜け毛・脱毛を予防する成分

があります。

育毛剤は、髪の毛を生やすことはできませんが、髪のもとになる成分の活性化、血行促進、抜け毛予防成分、により育毛効果が期待できます。

育毛剤を選ぶときは、育毛に有効な成分が含まれているかをチェックしてください。

髪の成長を促進する育毛成分が配合されている

育毛成分のひとつに毛母細胞の修復や活性化して髪の成長を促進する成分があります。

髪のもとになる成分の毛母細胞が活性化することで、分裂増殖を繰り返し発毛につながります。

成分名:キャピキシル、ピディオキシジル、リデンシル、など

※ミノキシジルは、医薬品なので、医薬部外品や化粧品の育毛剤には配合できません。

血行促進する成分が配合されている

血行を促進する成分は、育毛成分を行き渡らせるのに大切です。

血行が悪ければ、毛母細胞に栄養が届かず、健康的な毛の成長が期待できません。

柔軟性のある血行の良い頭皮で、毛母細胞にしっかりと栄養を届けられるようにします。

成分名:センブリエキス、トコフェロール酢酸エステル、ショウガ根エキス、など

抜け毛・脱毛を予防する成分が配合されている

抜け毛の原因の男性ホルモンの生成を抑制する成分により、成長途中の髪の毛が抜けてしまわないようにすることで、抜け毛予防が期待できます。

成分名:キャピキシル、ビワ葉エキス、ヒオウギエキス、など

育毛剤の選び方2:頭皮環境の改善ができる

頭皮環境を改善すると言うのは、フケ、かゆみ、炎症、乾燥などの頭皮トラブルを予防ケアすることです。

発毛促進成分とともに、頭皮環境を改善する成分も、育毛剤を選ぶときに大切なポイントになります。

いくら育毛剤の育毛に有効な成分が含まれていても、土台となる頭皮環境が悪いと効果的な薄毛ケアはできません。

あなたの地肌に合う成分が配合されている育毛剤なのか選ぶポイントにしてください。

敏感肌の人はアルコール無添加を選ぶ

アルコール成分は殺菌などの作用もありますが、アルコールの刺激は、頭皮の肌荒れの原因になる可能性があります。

ただ、アルコールが配合されていない育毛剤を選ぶと選択肢が少なくなってしまう点もあります。

敏感肌ではない人は、アルコール成分表示のエタノールや無水エタノールが成分表の下の方にあれば配合量は少なくなるので、配合量の少ない育毛剤を選ぶのも選択肢のひとつです。

成分名:エタノール、無水エタノール

フケかゆみを防ぐ成分

フケかゆみを防ぐ成分は、抗炎症作用、抗菌作用、などが期待できます。

フケかゆみになった人は多いであろう頭皮トラブルですが、雑菌や皮膚の炎症が原因なこともある無視できない頭皮トラブルです。

かゆみでつい頭をかいて肌が荒れてしまうことも防げます。

成分名:グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウ根エキス、など

乾燥肌の人は保湿成分にも注目

肌の乾燥は、ふけ、かゆみ、かさつき、べたつき、など様々なトラブルを引き起こします。

地肌の乾燥が気になる人は、保湿成分も気にしてみてください。

成分名:ヒアルロン酸、セラミド、○○エキス、など

育毛剤の選び方3:コスパが良く続けられる価格

育毛剤は、即効性があるわけではなく継続して使うことが大切です。

1日あたり数十円だとしても長く使うことを考えると、あなたが続けられる価格の育毛剤が望ましいです。

さらに、安いだけでなく、コストパフォーマンスが良いこともポイントです。

効果的な育毛成分が配合されている、1つでどれぐらいの期間使えるのか、頭皮に塗布しやすいと使いやすいので、毎日育毛剤を塗るのが苦にならず続けやすくなります。

そして、ネット通販で定期コースがある育毛剤だと割引き料金で購入できるのでコスパが良くなります。

返金保証が付いていることが多いので、育毛剤を長く使うことを考えると、長く使うことを考えると定期コースがおすすめです。

育毛剤は継続が大切なので、ただ値段が安いだけでなく、コスパが良く続けられる価格帯の育毛剤を選びましょう。

育毛剤のおすすめ/人気総合ランキング

1位:チャップアップ

チャップアップ 育毛ローション
今から育毛スタート
ココがポイント

・5種類の「育毛有効成分」
・独自成分「ジンゲルシックス」
・髪の内部へ高速浸透技術
・肌に優しく「7種類の無添加」
・1日1回の塗布で続けやすい
・定期初回は無制限返金保証

3代目になるチャップアップは、血行促進成分が2種類、発毛促進成分が1種類、フケかゆみを防ぐ成分が2種類、合計5種類の育毛有効成分が配合されています。

独自成分のジンゲルシックス(湿潤剤)は、一般的なショウガエキスに比べて、6-ジンゲロールが豊富に含まれている独自の成分です。

ほかの成分には、55種類の天然成分と15種類のアミノ酸を独自配合し、7種類の成分が無添加です。

成分を効率的に頭皮に行きわたらせるために、高速浸透技術のTEN-DDSで、従来よりも角質層まで素早く浸透し、吸収しやすくなっています。

定期便は、通常価格よりずっと43%オフの価格で、初回の注文1回に限り、無期限の全額返金保証付きです。

購入回数の縛りは無く1回でも解約OKなので、「肌に合わない」場合でも返金保証があるので安心です。

チャップアップは、5種類の有効成分、独自の成分や技術、7種類の無添加、豊富な天然成分やアミノ酸、そして定期コースなら無期限保証、単品でも30日保証付き。

総合的に見て、他の育毛剤と比べてコスパに優れた育毛剤です。

金額(税込み)定期便:7,400円
都度購入:8,840円
内容量120ml
1mlあたりの値段定期便:約61.7円
都度購入:約73.7円
有効成分センブリエキス、トコフェロール酢酸エステル、
D-パントテニルアルコール、塩酸ジフェンヒドラミン、
グリチルリチン酸ジカリウム
独自成分ジンゲルシックス
アルコール成分あり
無添加香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン
、紫外線吸収剤、シリコーン
定期コースあり※購入回数の縛りなし
返金保証定期便:初回注文のみ無期限
都度購入:発送から30日間
\永久全額保証付き/
※購入回数の縛りはありません。

チャップアップの詳細を見る >>

2位:イクオスEXプラス

イクオスEXプラス
無添加育毛剤イクオス
ココがポイント

・独自成分「アルガス-3」配合
・5種類の育毛有効成分を配合
・10の無添加成分
・浸透技術「TEN-DDS」
・90日間の返金保証

イクオスEXプラスの有効成分には、血行促進のセンブリエキスとトコフェロール酢酸エステル、毛母細胞の活性のクジン抽出液、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウムと塩酸ジフェンヒドラミンが配合されています。

そして、独自成分のアルガス-3は、第三者機関で臨床試験により育毛への作用や、頭皮環境を整える作用への結果が表れている注目成分です。

他の成分を含めると124種類と言う豊富な成分配合ながら、10の無添加で、刺激のある成分は配合せず作られています。

イクオスEXプラスは、無香料でメントール成分も無くサラサラな使い心地で、男性に限らず女性にも選ばれている育毛剤です。

イクオスEXプラスは、公式サイトの定期コースだと、半額近い割引価格でお試しすることができます。

さらに、90日間という長い期間の初回返金保証付きで購入回数の縛りも無いので、肌に合わなくても安心です。

金額(税込み)定期コース(初回):6,578円
単品:10,428円
内容量120ml(約30日分)
1mlあたり(30日)定期コース(初回):約219.3円
都度購入:347.6円
有効成分センブリエキス、トコフェロール酢酸エステル、クジン抽出液、
グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン
独自成分アルガス-3
アルコール成分あり
無添加香料、石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、
紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマー、酸化防止剤、ラノリン
定期コースあり※購入回数の縛りなし
返金保証定期コース初回のみ90日間返金保証
\90日間返金保証付き/
※購入回数の縛りはありません。

イクオスの詳細を見る >>

3位:フィンジア

フィンジア
ココがポイント

・2大先進スカルプ成分配合
・キャピキシル5%濃度
・頭皮の柔軟に成分を届ける「カプサイシン」
・10種類の毛髪サポート成分
・30日間全額返金保証

フィンジアは、2大先進スカルプ成分の、キャピキシルとピディオキシジルを配合している育毛剤です。

キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、脱毛抑制に働きかける「アカツメクサ花エキス」と、発毛促進が期待できる「アセチルテトラペプチド-3」を組み合わせた成分です。

新スカルプ成分で注目されるピディオキシジルは、毛母細胞に作用して毛髪の成長をサポートしてくれる成分です。

そして、スカルプ成分がいきわたるようにしてくれるのが、フィンジア独自の理論によるカプサイシン配合です。

頭皮を柔軟にすることで、キャピキシルとピディオキシジルのスカルプ成分が、効果的に角質層まで浸透するようサポートをしてくれるんです。

次世代のスカルプ成分を配合したフィンジアの定期コースには、都度購入よりも割引きで買えるだけでなく、30日間の全額返金保証がついています。

購入回数の縛りはないので、あなたの肌に合うかたっぷり試せますよ。

金額(税込み)定期コース:10,978円
定期コース3本セット:26,900円(1本約9,863円)
都度購入:14,080円
内容量50ml(約1ヶ月分)
1mlあたりの値段定期便:約319.6円
都度購入:281.6円
注目成分キャピキシル、ピディオキシジル
アルコール成分あり
無添加記載なし
定期コースあり※購入回数の縛りなし
返金保証定期便:30日間全額返金保証
都度購入:対象外
\30日間全額返金保証付き/
※購入回数の縛りはありません

フィンジアの詳細を見る >>

4位:リデン

リデン
ココがポイント

・「リデンシル」推奨濃度3%配合
・3種類の育毛有効成分
・4の無添加処方
・永久全額返金保証

リデンは、注目の新成分リデンシルと有効成分を3種類配合した医薬部外品の育毛剤です。

育毛効果の認められた有効成分には、血行促進のセンブリエキス、頭皮ケアのグリチルリチン酸ジカリウム、抜け毛予防のニンジンエキスが含まれています。

注目成分のリデンシルは、メーカーが推奨する3%濃度を配合し、ヘアサイクルの成長期の期間を長く、抜け毛の予防が期待できます。

高濃度にこだわるのではなく、安全性も考えてメーカーが推奨する濃度で配合しており、最適配合の育毛剤として公式認定されています。

リデンは、定期コースを選ぶことで特別価格で購入することができ、さらに永久全額返金保証があります。

購入回数の縛りはありませんし、もし肌に合わなかったり、満足した結果が得られなくても保証があるので安心ですね。

金額(税込み)定期コース(初回):9,845円
通常価格:12,980円
内容量90ml(約1ヶ月分)
1mlあたりの値段定期便:約213.6円
単品購入:約303.6円
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジンエキス
注目成分リデンシル
アルコール成分あり
無添加パラベン・合成香料・合成着色料・
鉱物油・シリコン・紫外線吸収剤
定期コースあり※購入回数の縛りなし
返金保証定期コース:30日間返金保証
都度購入:対象外
\ポイントが付いてお得/
※期限なし全額返金保証付き

リデンの詳細を見る >>

5位:ニューモ育毛剤

ニューモ
ココがポイント

・3つの育毛有効成分
・独自成分「HGP」
・6つの無添加成分
・続けやすい価格設定

ニューモ育毛剤は、3種の有効成分と、独自の頭皮保護成分、卵黄リゾホスファチジルコン(HGP)を配合した育毛剤です。

有効成分には、センブリエキスは、グリチルリチン酸ジカリウム、D-パントテニルアルコールが配合されており、発毛を促します。

そして、定期コースなら、初回2,475円、2回目以降でも1本あたり4,950円の価格で続けられるのニューモの魅力です。

全額返金保証はありませんが、購入回数の縛りもなく、初回は特にお得な価格で続けられますよ。

金額(税込み)定期コース(初回):2,475円
定期コース(2回目以降):1本あたり4,950円(2本セット)
通常価格:5,500円
内容量75ml
1mlあたりの値段定期便:初回33円
定期便:2回目以降66円
都度購入:約73.3円
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、D-パントテニルアルコール
注目成分卵黄リゾホスファチジルコン(HGP)
アルコール成分あり
無添加パラベン・合成香料・鉱物油・合成着色料、シリコン・紫外線吸着剤
定期コースあり※購入回数の縛りなし
返金保証無し

ニューモ育毛剤の詳細を見る >>

育毛剤のおすすめ/効果

育毛剤の効果とは

育毛剤の効果は、頭皮環境を整えて、薄毛や抜け毛を予防し、健康的な髪の成長をサポートする、この3つが育毛剤に期待できる効果です。

育毛剤だけで毛を生やすことはほぼできないんです。

ですので、育毛剤は、薄毛が気になる人、将来のためにケアをしておきたい人、向けと言えます。

頭皮の血行促進や抜け毛やフケやかゆみなどを予防して頭皮環境を整えて、薄毛ケアをしていくのが育毛剤に期待できる効果です。

育毛剤の育毛に有効な成分には、効果とともに地肌にどんな影響があるのか知っておくとより安心です。

育毛効果

育毛剤の育毛効果とは、毛を生やすのではなく、発毛を促進することです。

育毛の有効成分は、髪の毛を作りだす細胞である毛母細胞の活性化により発毛の促進が期待できます。

毛母細胞の働きが悪くなると、毛が生えにくくなったり、細い毛になってしまうで、結果薄毛につながります。

毛母細胞の働きを活発にすることは育毛に欠かせません。

血行促進

頭皮の血行が悪いと、髪の毛の成長に必要な栄養が不足して、毛が細くなって薄毛の原因にもなります。

血行が良くなることで、髪のもとになる毛母細胞に栄養素が届き髪の毛を作り出します。

頭皮の血流が良くなることで、ヘアサイクルの乱れの改善も期待できます。

抜け毛予防

抜け毛予防成分は、簡単に話すと、抜け毛の原因になる男性ホルモンの生成を抑制してくれます。

ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの働きが活発になると、髪の毛を作る毛母細胞の働きを低下させたり、髪の成長期を短くして成長するはずの髪が抜けるので、薄毛の原因になります。

薄毛の原因になる男性ホルモンを抑制することで、健康的な黒髪が生えるように導いてくれます。

頭皮環境を整える

フケ、かゆみ、炎症、乾燥などの頭皮トラブルは、薄毛の原因になると言われています。

かゆみで頭をかいてしまったり、頭皮の炎症を起こしてしまうと、頭皮にダメージがいきます。

頭皮環境を整える成分だけで育毛剤を選ぶことは無いものの、健康的な髪が生える地肌ケアは無視できません。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違いは、

  • 育毛剤は、頭皮環境を整えて発毛を促す(医薬部外品・化粧品)
  • 発毛剤は、生えていない毛を生やして増やす(医薬品)

という違いがあります。

また、成分や効果だけでなく、どんな人が使えばよいか、も分かれます。

ほかには、育毛剤と発毛剤の違いで分かりやすいのが成分で、発毛効果の認められている成分「ミノキシジル」は、医薬品なので発毛剤にしか配合されません。

成分、効果、分類、使う人の目的、それぞれに違いがあります。

育毛剤発毛剤
分類医薬部外品・化粧品医薬品
用途抜け毛予防、頭皮環境改善新しい毛を生やす
ミノキシジル配合×できない〇できる
副作用副作用の定義ではなし。
(成分が肌に合わない可能性はある)
副作用のリスクあり
主な対象の人ボリュームが無い・薄毛抜け毛が気になるAGA(男性型脱毛症)

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

男性用育毛剤と女性用育毛剤では、髪が薄くなる原因が違うので、性別に合わせて育毛剤が開発されています。

  • 男性用は、男性用ホルモンの影響で、髪が薄くなり抜ける
  • 女性は、女性ホルモンの減少で髪が細くなり、分け目やつむじの地肌が目立つ

という薄毛の特徴があります。

髪が薄くなる原因が違うので、性別に合わせた薄毛の原因で育毛剤が開発されています。

もし、女性用育毛剤を男性が使っても、成長期を短くする原因の男性ホルモンを抑制する成分が配合されていませんので、効果を実感できない、という可能性もあります。

また、女性が男子用育毛剤を使うと、刺激が強すぎて頭皮トラブルが起こる可能性があります。

血行促進や保湿などの作用の共通点はありますが配合されている成分が違うので、効果を実感するためにも、男性は男性用育毛剤、女性は女性用育毛剤を選びましょう。

育毛剤のおすすめ/使い方

育毛剤の使い方

育毛剤の効果的な使い方は、頭皮に塗布して、マッサージをするように浸透させることです。

  1. シャンプーをして髪と頭皮を清潔にする
  2. ドライヤーで髪と頭皮を乾かす
  3. 髪の毛をおさえて頭皮に育毛剤を塗布する
  4. 優しくマッサージをするように馴染ませる
  5. 3と4を繰り返して、頭皮全体に浸透させる
  6. 冷風のドライヤーで乾かす(必要ない場合もあります)

育毛剤をヘアスプレーの様にシュッとしてしまうと、頭皮ではなく髪の毛についてしまうのでただ無駄になってしまいます。

髪の毛をかき分けて地肌が見えるようにして、生え際に育毛剤を塗布していきましょう。

全体に塗布していきますが、一気に塗布して浸透させるのではなく、前・頭頂部・後ろと言うように部分に分けて1ヶ所ずつ塗布します。

塗布した部分を指の腹を使ってゆっくりと頭皮を動かすようにマッサージをして、育毛剤を浸透させていきましょう。

液がサラッとしている育毛剤は少量ずつ出して、頭皮に揉みこんで浸透させると無駄に垂れてしまうことを防げます。

髪の生え際、頭皮へ育毛剤を届けることを意識してくださいね。

※育毛剤メーカーの説明書に使い方が記載されています。使用量を守って効果的に使ってください。

朝と夜の使うタイミングとポイント

基本的には、髪と頭皮をシャンプーして清潔にしてから育毛剤を塗布浸透させるのが理想です。

ですが、1日に2回、朝と夜に育毛剤を使う場合に朝シャンすると頭皮に負担がかかってしまいます。

  • 夜はシャンプーして育毛剤を塗布するようにして
  • 朝はお湯だけで軽く洗い流すか、洗わずに塗布する

ようにしましょう。

育毛剤を塗布した後のドライヤーでブローすると、薬剤を乾かしてしまうので、時間が無い場合を除き自然乾燥して浸透させるのが望ましいです。

朝など時間が無くスタイリングしたいときは、ドライヤーの冷風で髪の毛だけ乾かすように意識しましょう。

スプレータイプ、ノズルタイプ、ジェルタイプ、エアゾールスプレーの使い勝手

育毛剤の容器は、スプレー、ノズル、ジェル、エアゾールに分かれます。

スプレータイプ(ミスト)は、ミストの様に広い範囲で出るスプレーは、広い範囲に塗布できますが、毛の量が多い人は頭皮に届けにくいのがデメリットです。

スプレータイプ(ミスト)は、勢いよく噴射できるので頭皮に液が届きやすいですが、ダレやすかったり調整しにくい面があります。

ノズルタイプは、先端にノズルが付いているので、頭皮に直接当てて液を出すことができますが、塗布範囲が狭いので丁寧に広げる必要があります。

ジェルタイプは、手に取って塗り広げられるタイプなので、ダレにくく塗った後にとどまりやすいのですが、乾きが遅くベタベタを感じる場合があります。

エアゾールスプレーは、ガスの勢いで真っすぐ薬液が出るので頭皮に届きやすいですが、量の調整がしにくいのがデメリットです。

育毛剤の容器によって使いやすさにつながりますが、重要なのは育毛です。

育毛剤選びのひとつのポイントとしてみてください。

生活習慣の改善で育毛をサポート

育毛剤を使うだけでなく、生活習慣を改善することで髪と頭皮をいたわることにつながります。

睡眠不足、栄養不足、ストレス、喫煙、過度な飲酒は、頭皮トラブルにつながります。

無理な食事制限や喫煙お酒を我慢しすぎて余計ストレスになるのは良くない、少しずつ変えて頭皮トラブルが起きないようにしたいです。

育毛剤を使うこの機会に、できることから初めてみましょう。

育毛剤のおすすめ/副作用

育毛剤の副作用

育毛剤は、化粧品と医薬部外品の2つに分けられ、医薬品の発毛剤と比べて副作用の心配はほぼありません。

副作用とは、医薬品の使用によっておこる期待されていない作用のことで、化粧品・医薬部外品である育毛剤は、医薬品ではないので副作用の心配がある成分は含まれていません。

第一類医薬品に指定されている医薬品の発毛剤は、効果が認められている成分でも副作用のリスクがあります。

くすりの本来の目的である有益な作用を「主作用」、期待しなかった作用を「副作用」といい、すべてのくすりは、その両方の作用を併(あわ)せもっています。

引用:くすりについて | 日本製薬工業協会

ただし、医薬品の発毛剤と比べて副作用の心配はありませんが、育毛剤に含まれている成分が、体質によってに肌に合わない可能性もあります。

頭皮トラブルを引き起こすことのある成分について(刺激の強い成分や添加物)

  • アルコール成分:エタノール、無水エタノール
  • 添加物:香料、防腐剤、パラベン、シリコン・酸化防止剤など

育毛剤の成分のなかでも、アルコール成分は特に注目されている成分で、アレルギーの方や敏感肌の人には刺激となる可能性があります。

ただ、アルコール成分は、殺菌作用や皮脂の除去などの効果や清涼感もあり、香料はほのかな香りで気分が良くなるなど、使用感が良くなるメリットもあるので、添加物すべてが悪いとは言い切れません。

アルコール類が入っているから悪い育毛剤ではなく、アルコールアレルギーの人は避けてほしい成分で、今まで肌荒れを起こした経験がある方、肌が弱い方は気にしてほしい成分、となります。

育毛剤の注意点(使用量、発毛剤との併用)

  • 説明書の容量用法を守る
  • 一緒に発毛剤は使わない

成分以外では、育毛剤を過剰に使うと頭皮トラブルが起きる可能性も無いとは言えません。

メーカーが推奨する正しい利用容量も守ることも大切です。

また、育毛剤と発毛剤は一緒に使ってはいけません。

育毛剤と発毛剤も、それぞれが単体で使うように濃度を決められて作られており、使用量や1日の使用回数も決められています。

適正な量を使わないことや頭皮トラブルが起きたり、成分が混ざり合うことで本来の効果が発揮できない場合や副作用のリスクが高まる可能性もあります。

量を増やしても効果的と言うわけではないので、育毛剤は育毛剤単体で使って、容量用法を守って育毛しましょう。

育毛剤のおすすめ/購入

育毛剤の市販

育毛剤は、市販でもネット通販でも購入できます。

市販でも買える育毛剤とネット通販限定の育毛剤の大きな違いは、育毛に有効な成分、定期コースの割引・特典、全額返金保証のアフターサービスです。

市販の育毛剤のメリット市販の育毛剤のデメリット
・在庫があれば欲しいときに手に入る
・買ってすぐ使える
・安い育毛剤がある
・全額返金保証が無い
・安い育毛剤は効果が期待できない
・レジ打ちの人などに見られる
・品ぞろえが限られる
通販の育毛剤のメリット通販の育毛剤のデメリット
・定期コース割引きでコスパが良い
・全額返金保証付きが多い
・配合成分の効果が期待できる
・人に合わずに買える
・ネット通販でしか買えない
・市販品より価格が高い商品もある

市販の育毛剤は、ネット通販よりも安い育毛剤が手に入りますが、配合成分を見ると合成着色料などの添加物が入っていたり、ネット通販の育毛剤に見られる有効成分や植物エキスが配合されていません。

ネット通販の育毛剤の成分には、育毛成分、無添加、植物エキス(保湿)など、成分にこだわりが見られる育毛剤が多いです。

そして、ネット通販のメーカー販売の育毛剤の多くは、全額返金保証があります。

初めて育毛剤を使う人は、選んだ育毛剤が肌に合うか分かりませんが、全額返金保証があれば安心してお試しできますし、もし頭皮に合わなくても保証があるので損しません。

育毛剤メーカーの定期コースは、単品の価格よりも割引価格で続けられるので、育毛剤を長く使い続けるほどコスパが良いです。

育毛剤は長く使い続ける必要がありますし、肌に合うかどうかも分かりません。

初めて育毛剤を使ってみたい、成分にこだわった育毛剤を使いたい、本格的に育毛したい、こんな人は、市販の育毛剤よりもネット通販の育毛剤がおすすめです。

料金についてのポイント

  • 初回の価格:初回の割引価格
  • 定期購入の価格:初回だけでなく2回目以降の料金
  • 1本で使用できる期間:どれぐらい使えるか。例)1日2回で30日間
  • 1日あたりにかかる料金:例)9,000円なら30日計算で1日あたり300円
  • 全額返金保証:保証期間の日数と保証内容

ネット通販では、定期コースの初回の価格は割引されていることが多いですが、同じ育毛剤を継続して使うなら2回目以降の料金もチェックしてください。

初回はお試し価格、2回目以降の価格が続けられる価格かどうかが大切です。

また、育毛剤の使用量と使用期間は基本的に30日間が多いですが、1本でどれぐらい使えるのかでコスパが変わります。

もうひとつ気にしたいのが、全額返金保証の有り無し、と保証期間の日数や条件です。

育毛剤が肌に合わなくて返金したい場合は、どのようにすれば保証が受けられるのか、何が必要なのかを見ておくと安心して購入した育毛剤を試せますよ。

タイトルとURLをコピーしました